生後間もない頃からのただれた肌、湿疹を治すためのステロイドとローション

生後3か月を過ぎたあたりからかと思います。顔の口周りを中心に発疹が出てきました。最初は赤身を帯びてるなぐらいでしたが、本人が痒くて掻きむしる為か、日々悪化し湿疹も一つ一つが大きくなり、顔全体が真っ赤を通り越して、血だらけとなっていきました。赤ちゃんのピチピチしたお肌といった姿はどこにもなく、赤くただれ紫色にもなってしまった子供の姿を見る度、「いつか治る日が来るのだろうか」と気が遠くなりそうでした。皮膚科という皮膚科を周り、結局アレルギー専門の先生に診ていただいた所、一時的な湿疹でアトピーではないはずだ、との事。まずは掻かないよう、手をミトン等で覆い、常に清潔を保ち、一番の悪化の原因となる食事(母乳、離乳食)が口周りに触れないよう、常に白い軟膏:サトウザルベを塗っていました。

入浴後はたっぷりのビーソフテンローションを全身に塗り、抵抗があったのですがステロイド剤:リドメックスを全身に薄く、顔にももちろん塗り、最後はサトウザルベで口周りを覆う…これを繰り返していました。サトウザルベはたっぷりと塗り、食べ物は母乳が患部に触れないよう常に膜を張っている感じでした。

何より気がかりだったのはステロイドの使用についてです。世間の評価もあり、それ以外の方法を模索していましたが、医師の「使い方をしっかり把握していれば効果的なので、心配しなくても大丈夫です」という言葉を信じ使用ました。ステロイドにも強さがあり、規定量をきちんと塗り、医師の指導通りに分量を調整していく事で、1歳半になる頃には赤みが落ち着いて来ました。結局はリドメックスに助けられたのでしょうが、全ての薬、ローションの複合的な使用による成果だと思います。ステロイドの効果的な使用法については本当に考えされられましたが、子供のそれぞれの症状を見極める事が大事ですね。